脱毛

【脱毛】医療脱毛 エステ脱毛 自己処理

2022年1月4日

脱毛種類

医療脱毛エステ脱毛自己処理
担当者医師 看護師従業員本人
資格国家資格民間資格

脱毛器

医療レーザー脱毛

光脱毛
カミソリ シェーバー
クリーム
光脱毛器
効果永久脱毛減毛一時的な減耗
平均回数3~10回10回~20回毎日~数日おき
平均期間 1~1.5年1~3年定期的
照射力
痛み
費用高い安い低価格~高額選べる
アフターケア医師の診断民間資格の診断本人

脱毛の種類により効果も違いますの自分に合った脱毛をしていきましょう。

医療脱毛

医療脱毛は永久脱毛と言われますが永久に生えてこない脱毛ではありません。

正確には

・最後にした脱毛から1カ月後、毛の再生する確率が20%以下

・脱毛3回終了後、6カ月経過時点で2/3以上の毛が減少している

メリットデメリット
永久脱毛効果が得られる痛みが伴う
医師 看護師がいる金額的に高い
短期間で脱毛できる永久に生えてこない補償はない

医療レーザー脱毛は出力が高く毛根破壊を行うので医療機関でしか扱えません。

しかし痛みが強く感じられる為、痛みに耐えられない方は麻酔がある病院をお勧めします。

医師、看護師から診断を受けることができるので安心して通うことができます。

エステ脱毛

エステ脱毛では永久脱毛できないということではありません。

長期間通うことになるかもしれませんが人によっては永久脱毛に近い効果が得られる人もいます。

メリットデメリット
痛みが少ない医療脱毛器より出力が弱い
金額的に安い肌トラブルは自己負担で病院
肌への刺激が少ない長期間通う必要がある

エステ脱毛は出力が弱いレーザーです特に免許がなくても扱えますが。

民間資格として

◆日本エステティック振興協議会『美容ライト脱毛エステティシャン』

◆AEA米国電気脱毛協会「(CPE)認定電気脱毛士」などがあります。

安くて手軽に通いたい人に向いていますが肌トラブルでの病院へは別料金が発生します。

自己処理

処理方法が沢山あり安価な物を選びできますが

永久的に自分で処理する必要があります。

メリットデメリット
痛みが少ない脱毛効果が低い
金額的に自分で選べる肌トラブルは自己負担で病院
肌への刺激が少ない永久的に処理が必要

色々な脱毛方法を自分で選んで簡単にできる方法ですが

定期的な処理が発生しますので完全な脱毛はできません。

-脱毛
-

© 2022 tyatyablog Powered by AFFINGER5

ツールバーへスキップ